人生が変わる書籍!100倍の利益を生む読書術「レバレッジリーディング」

みなさんは人生が変わった瞬間がありますか?
私は一冊の本を読んで人生が変わりました。それ以来私は本が大好きになり、毎日のように読んで楽しんでいます。
今回は筆者の人生を変えた1冊「レバレッジ・リーディング」をご紹介したいと思います。

人生を変えた一冊「レバレッジ・リーディング」

冒頭でも言いましたが、私は本が好きで、毎日のように読んでいます。しかし昔から好きだったわけではありません。漫画は読むけど、小説などの文字だけの本は一切読んだことありませんでした。
社会人になり、仕事に行き詰ってた頃、書店で営業に関するビジネス書をなんとなく買い、読み始めました。でもやはりなかなか読み進めることができず、半分も読めず断念してしまいました。そこで上司にそのことを相談したところ「この本を読んでみろ」と1冊の本をもらいました。

その本は「レバレッジ・リーディング」という本でした。

1万円起業 」でも有名な、本田直之さんの書籍です。

せっかく勧められたんだから読んでみようと思い、ページをめくりました。するとすぐに衝撃な言葉が目に飛び込んできました。

「1500円が15万円になる」

は?どうゆうこと?何を言っているのか訳が分かりませんでした。

1500円で買ったビジネス書が100倍の利益になると著者は言っているのです。

ビジネス書は一冊、大体1500~2000円ほどしますが 100倍になるということは1,500円×100=150,000円ほど儲けることができるという話です。著者は、本で知識を蓄えることを『先行投資』と呼んでいて、年間数百冊読んでいるそうです。
その『先行投資』で蓄えた知識を自分のビジネスに最大限に生かすことができれば100倍のリターンを得ることができると言うのです。

読書による効果がすごい!本を読むことで得られる6つのメリット

2017年9月14日

内容を簡単にまとめます。

①読書は投資と捉える

ローリスク・ハイリターンの超優良自己投資。多読による「累積効果」で100倍にもなる。つまり、1,500円の本が、15万円になって返ってくる。

②目的を持って読む(この本で何を得たいか)

もくじ、帯などを先に読み、自分はこの本から何を得たいかを明確にする。
初めに目的を持つことで、時間の無駄を軽減でき、有益な情報のみをインプットできます。

③本を読む時間が無いのではなく、読まないから時間が無い

「忙しくて本なんて読む時間がない」よくこの言い訳を聞きますが、それは間違え。
筆者が言うには、時間を作る方法、仕事効率化の方法、断捨離、などの無駄な時間を省く方法が本で学ぶことができ、結果本を読む時間が作れるというのです。
たしかに。
例えば、営業成績が悪く、毎日遅くまで残業しているなら、営業関係の本を読めばヒントが見つかり成績につながるかもしれない。結果帰る時間が早くなり、時間を作れるということですね。

④本は汚してなんぼ

重要だと思う箇所に線を引いたりドッグイヤーすることに躊躇しない。売却を考えて本を買わない。

⑤メモを持ち歩く

本を読んでタメになったと感じてもすぐに内容を忘れてしまいます。そのため、要点をまとめたメモ(レバレッジメモ)を持ち歩き、いつでも迷ったときにそのメモを見るようにすると本で得た知識を最大限に生かせるのです。

⑥速読ではなく、多読

速読は目の動きなどで早く読む方法で、1冊を1ページ目から全て読みます。多読というのは、重要な部分だけを読む方法です。この読み方に慣れてくると重要な部分が目に入ってくるようになり、無駄な部分を読まなくて済むようになります。

 

本を「どうやって読むか」「なんのために読むか」「読んだ後どうするか」が全て知ることができる1冊になっています。

1日20冊ほど読むメンタリストのDaiGoさんは、本から得られる情報は1、2割と言っています。これは28(ニッパチ)の法(パレートの法則)ですね。
また、ユニクロで有名なファーストリテイリング代表柳井正さんはこう言っているそうです。
「本を読まずに経営するなんて、信じられない」
ゼロから何かを生み出せるのは天才しかできない神業なのです。

すべての本が良書とは限りません。その数少ない”アタリ”を引くためには様々なサービスを利用すると確率を上げることができます。メルマガ、書評ブログなどがおすすめです。

まとめ

私は昔から本が苦手で、読むのはいつも漫画でした。しかし今ではほぼ毎日1冊ほど、小説やビジネス書、参考書などさまざまな本を読んでいます。インセンティブも増え、順調に収入が増えてきています。

ぜひとも読んでいただきたい一冊です。きっとあなたの人生を変えてくれます。

レバレッジ・リーディング







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です