【喫煙者必見】タバコはブサイクの元?禁煙してイケメンになろう!







みなさんタバコ吸っていますか?吸っていると答えた方は、タバコが人体にどのような影響を与えるのかご存じでしょうか?

「たばこには4,000種類の化学物質が含まれていて、その中の200種類以上の有害物質で、さらに50種類以上の発がん物質が含まれています。」

と、こんな風に言われたところで、実際のところ喫煙者本人は実感が湧かないため「じゃ禁煙しまーす」とはなりません。

「別にやめる必要なくね?」「ぜんぜん調子いいし!」と、特に20代、30代の若い方は喫煙による悪い影響ほとんど感じないため、禁煙する必要性、メリットを感じないという方が多いのではないでしょうか。

それでは、禁煙するとイケメンになれるとしたらどうでしょうか?少しは興味でませんか?

なぜ禁煙するとイケメンになれるのか?今回は、喫煙のデメリット・禁煙で得られる効果・メリットをご紹介します。

なぜ禁煙しなければならないのか?

ここ最近、健康ブーム、禁煙ブームで愛煙家にとっては暮らしにくい世の中になってしいました。でどこに行っても禁煙、分煙で肩身の狭い思いをしていると思います。

さらに受動喫煙対策法なるものも成立し、東京オリンピックの直前の2020年4月には飲食店や公共施設などで全面禁煙が施行されるという、愛煙家にとっては死刑宣告のようなものを受けてしまいました。※2018年7月現在

 

また、最近のトレンド、電子タバコ、加熱タバコも多くの害があります。

iQOS(アイコス)、glow(グロー)、プルームテックなどのニュータイプ。最近では様々なタバコ会社が「タールありませんよ!健康タバコですよ!」と宣伝し、電子タバコを販売しています。

もちろんタバコに含まれるタールは有毒な物質ですので、タールの入っていない電子タバコはその分害は少ないと思います。

下の動画は電子タバコが有害かどうかを実験しています。

電子タバコにはタールは入っていませんが、ニコチンは大量に入っています。このニコチンは依存性があるだけではなく人体にも有害です。

ニコチンは、とても吸収の良い物質で、煙を吸ってものの数秒で脳細胞に到達します。血管を収縮させ、心拍数増加させます。末梢血管の収縮は体温を低下させ免疫力を下げてしまうのです。

でもなにより危険だと思うのは、電子タバコの健康リスクは不明、まだまだ未知だということです。まだ市場に出回って数年しか経っていませんがあちらこちらで健康被害も出てきています。



タバコがどれだけ体に悪いか理解できましたか?

これだけではなかなかイメージできませんよね。あたりまえですね、気持ちは死ぬほどわかります。興味が少しでもありましたら、続けて読み進めてください。

 

喫煙のデメリット・人体に起こる影響

次は、喫煙することでどんなデメリットがあるのかをお伝えします。

 

デメリット① 老ける(スモーカーズフェイス)

まずは、このデメリット“老ける”です。喫煙者特有の顔「スモーカーズフェイス」をご存じでしょうか?

出典元:BBCニュース

こちらは22歳の女性が今後の20年間禁煙だった場合と喫煙していた場合のシミュレーション写真です。

もちろん左の写真が喫煙していた方になります。

たばこを吸うとニコチンの作用により、血管が収縮され酸素が十分に行き渡らなくなり、代謝が悪くなります。また、ビタミンCも破壊されるので、シワ、たるみ、くすみ、かさつき、クマの原因にもなります。

高額のビタミンサプリメントを摂取していても、すぐに破壊されてしまいます。

ブサイクをさらにブサイクにさせるのは、これが原因です。

 

デメリット② 周囲に迷惑をかける

これは喫煙者が一番気付かない点です。本当に迷惑しています。タバコを吸わない人からすれば、タバコのニオイほど、嫌な気持ちになるものはありません。せっかくのお気に入りの服にニオイが付くし、最悪に不快な思いをします。

たとえば合コンなどで、「タバコ吸っていい?」と男性陣が聞き、女性陣が「全然いいよ!」と答えるシーンはよくありますよね。「ちゃんと聞いてから吸っている俺かっこいい」と思っているかもしれませんが、非喫煙者からすれば、「吸うんじゃねーよくせーよ死ね!」と心の中で思われています。特にカラオケなどの個室だったらさらに不快です。

なかにはタバコ吸っている男性が好きという変わり者の女性もいますが、今のご時世ではごく少数でしょう。

さらに喫煙者は、ニオイで不快にさせるだけにとどまらず、時間まで奪うのです。

最近、タバコの吸える場所も減っています。飲食店、公共施設など、様々な場所で喫煙所が減っています。喫煙所があったとしても遠くの方に隔離されているので行くまでに苦労します。ディズニーランドとかそうですよね。

こういった場所で「ちょっとタバコ吸ってくるから待ってて」なんて言われますが、「は?なんでお前のタバコ時間待ってなきゃならないんだよ」と思うことでしょう。そうです、タバコに時間を奪われるのです。

タバコが、周囲に与える迷惑はキリがないほどあります。奥さん、彼女、お子さんなどパートナーのためにも禁煙することをおすすめします。

 

デメリット③ 金が無くなる

喫煙者の方は当然、承知していると思いますが、タバコ代ってバカにならないですよね。500円くらいだからいいだろ」と余裕をぶっこいていると、後々ボディブローのように効いてきます。

例えば、1日に1箱460円 これを1か月にすると460円×30日=13,800円

「なんだこんなもんか」と感じるかもしれません。しかしどうでしょう、コンビニでタバコだけを買いますか?
私の場合、飲み物がないとタバコを吸えないタイプだったので、必ずドリンクとタバコをセットで購入していました。
ドリンクが160円だとして、タバコと合わせて620円、1か月で18,600円になります。
なんだかんだ、無駄なものを買ってしまったりと、かなり少なく見積もっても月に20,000円は使っていると思います。
もちろん金に余裕があるならば、2万円程度たいしたダメージではないと思いますが、農耕民族の我々はそうも言ってられません。

2万円でなにができるか、Moreらしいもので考えてみました。

自動車

ローンやリースをうまく使えば月2万円で自動車は購入可能です。ボロイ軽じゃ女の子もついてきませんよね。

高級腕時計

こちらもローンが組めますので、月2万円でロレックス買えちゃいます。これ超おすすめです。

ラブホテル

安いホテルなら2回お泊り、休憩なら4回できます。

スポーツジム

禁煙すると「もっと健康になりたい」と思うようになります。そこでおすすめなのがスポーツジムです。

筋肉をつけて代謝が上がれば、よりいい男に仕上がります。

 

1年禁煙できれば、24万円も節約したことになります。

このお金を自分磨きに使ってみてはどうでしょうか。




いかがでしたでしょうか?

タバコは「百害あって一利なし」と言いますが、喫煙者同士の付き合いだったり、ストレスの緩和だったり、タバコがデメリットばかりというのは間違っているのかもしれません。

しかし、今の自分に自信がないのであれば、禁煙をおすすめします男前なら喫煙者であっても取って余るほどのステータスがありますが、そうでない方はただ欠点が増えるだけです。

タバコなんていつでも吸えます。まずは1か月から試してみませんか?思いもよらない変化があるかも!

 







“人生を変えたいあなたに”

http://reijirei.com/blog/book-present/?utm_source=20190301_segmentA&utm_medium=display&utm_campaign=afi-78more_book-present

Amazon年間ランキング上位に常に食い込むベストセラー 零時レイの著書「究極の男磨き道 ナンパ」が無料でもらえるキャンペーン


※送料・手数料・実録音声特価料金970円のみご負担ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です